無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

トップページ | 大好きスポーツアイドル »

2006年8月22日 (火)

アイドルが育つ甲子園

暑い夏の甲子園。

今年はいつになく盛り上がり〝アイドル〟もレベルが高く、ワクワクしてテレビに夢中になってしまった。

初優勝した早稲田実業のエース斎藤君、思わず「クン」を付けたくなるほど。熱い甲子園のマウンドで汗をぬぐうのに三つ折りしたタオル地のハンカチを出し、サッと汗をぬぐう姿が凛々しい。ハンカチで汗をぬぐう甲子園球児なんていままで見たことない。ちょっと驚き,これなら荒木大輔以来のアイドルになってもおかしくない。


それにしてもマスク(顔)、実力、そしてエースとしてのオーラを感じさせる雰囲気、もう最高!野球をあまり知らない高校野球ファンも「うっとり」してしまう。それとは対照的に強面風の駒大苫小牧の田中投手、やっぱり田中クンとは呼べないな、でも試合が終わった後、早実の斎藤君とカメラの収まっている顔はあどけなくてカワイイ感じ。あれなら田中クンと呼べるね。

それはそうと、37年前の決勝戦での延長引き分け再試合、青森の三沢高校vs愛媛 松山商業の決勝戦も今までにない〝アイドル〟が登場した。

三沢高校のエース、太田クン、こりゃ男っ子前、白系ロシア人のタマラさんを母に持つハーフということで、顔立ちが全く違って「美形」そのものだった。今年の斎藤のように汗をハンカチでぬぐうことはないけど、汗が光に反射して髪の毛(坊主頭が決勝戦なら短いスポーツ刈り)が銀色に輝いてホレボレしたファンも多かったとか・・・・やっぱり「甲子園のアイドル」は美形でなきゃ、鹿児島実業の定岡くんも高校時代はキュートだったんだ。
いまはにやけたおじさん風になっちまったけどね、あの頃はスタイルも良く、野球選手にもかかわらず足が長く、顔も小顔で美男子、まさに「アイドル」だったね。

トップページ | 大好きスポーツアイドル »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146675/3171477

この記事へのトラックバック一覧です: アイドルが育つ甲子園:

» 早実、4112校の頂点に [相馬マルクス達也のブログ]
21日、仕切り直しの決勝再試合が行われました。 早実は、初回、船橋クンのタイムリ [続きを読む]

» 斎藤佑樹 [検索ワードで見る世界]
この動画を載せておきたいだけのために1記事作成。 すごかったです。今年の甲子園大会決勝。駒大苫小牧vs早稲田実業。... [続きを読む]

トップページ | 大好きスポーツアイドル »

adv