無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« アイドルが育つ甲子園 | トップページ | 斎藤くん熱で暑い熱帯夜! »

2006年8月23日 (水)

大好きスポーツアイドル

過熱する斎藤フィーバー!

夏の甲子園で初優勝した早稲田実業、もちろん「ハンカチ貴公子」エース斎藤君を見たいファンはどんどん増殖中よね。芸能アイドルもスポーツアイドルも同じ、「見たい、近くにいきたい、触れてみたい」、もちろん握手のこと。というファン心理は同じ。

巨人にも昔練習場があった多摩川グランドには「多摩川ギャル」も多くいた・・・・
さて、斎藤君、東京へ戻る新幹線、新大阪駅では異例の厳戒体制で、一般の改札口ではなく地下の特別通路からホームへ・・・、これは2002、サッカー日韓W杯の日本代表と、2003、プロ野球でリーグ優勝目前の阪神タイガースの移動時で使用した通路らしく、高校野球では初めての警備体制だったとか。まさに本物の甲子園アイドルとなった斎藤君。

話は「多摩川ギャル」に戻るけどWBCで世界一になったソフトバンクの監督、王さんの亡くなられた奥さんは、多摩川ギャルの一人じゃなかったかな。
もちろんその当時の「多摩川ギャル」は純情そのもの。純粋にプロ野球の巨人軍ファンで一目お姿を見たい。という程度でね、でもそこからラブロマンスが生まれるのがいいんだな。だからチャンスはあるかもね。品良く、「ファンレター」ではなくお手紙を出すとか、
アナログ的で古風な女性がいいと思うな・・・・スポーツ選手の奥さんて、姉さん女房か、純粋系か、のどちらかだ。
夢のようで夢物語のままでないのがスポーツ選手の奥様なんだな。
そうなれば一気にスポーツセレブというところだ。
メジャーでアメリカンセレブも夢じゃないな。

« アイドルが育つ甲子園 | トップページ | 斎藤くん熱で暑い熱帯夜! »

adv