無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« カージナルス先勝! 田口9番レフトでスタメン | トップページ | 北の大地 燃ゆ!! 日ハム2勝一歩リード »

2006年10月23日 (月)

田口ベンチのまま、カージナルス完敗でタイに・・・

ラッキーボーイ出番なし!

メジャーリーグ「ワールドシリーズ」第2戦。
カージナルスが初戦をものにして上々のスタートを切ったシリーズ。
、第2戦も田口のスタメンに期待していたけどベンチのまんまね。

2006102304789667jijpspothum001 タイガースはベテラン、ケニー・ロジャースが先発。
名前がかっこいい。ケニー・ロジャース。ケニー!
そしてカージナルスは右のウイーバー、
1回裏のタイガースの攻撃で「今日はやばい、壮の出番あるかなあ~」
という雰囲気。
案の定、この回モンローが豪快にレフトスタンドへ先制アーチ。
その後も内野安打とギーエンのレフトへのツーベースで2点目よ。

これでケニー・ロジャースが気合いのピッチングよ。
「一球入魂」まさに気迫の形相で一球、一球、投げるので「打てない」ね。
あの迫力に圧倒されちゃうよね。凄い!

ケニーはこれで今回のプレーオフでは23イニング連続無失点。
ヒデキも「あの形相、あの気迫に気圧された感じだった」から・・・・
ベテランは与えられた仕事をきっちりこなすので頼りになるね。

カージナルスのラッキーボーイ、田口は結局出番無し、
だから負けたのね。1対3、完敗!
というより今日は負けの日、と読んでいたのかラルース、と言いたいね。
さすが、シリーズを読む目は一流、と後で言えることを期待してるから
実は、タイガースとカージナルスのワールドシリーズは今回で3回目、
いつもぎりぎりの戦いをしてる。だから今回もシリーズの流れがあっちへ、こっちへ・・
最後までわからない展開になりそう。

1勝1敗なら御の字 (by 落合 中日監督)
だそうで、カージナルスの本拠地ブッシュ・スタジアムで気合いの入れ直しね!

« カージナルス先勝! 田口9番レフトでスタメン | トップページ | 北の大地 燃ゆ!! 日ハム2勝一歩リード »

adv