無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 真央 フィギュアGPファイナル首位スタート | トップページ | バルサ 世界一ならず。ロナウジーニョ心に残る素敵な言葉 »

2006年12月17日 (日)

真央コロンデ  悔しい2位!

写真

浅田2位、村主4位、安藤5位

サンクトペテルブルクで16日行われたフィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル。
女子フリーで、ショートプログラム(SP)で首位に立った浅田真央(愛知・中京大中京高)はミスを連発、合計172.52点で日本選手初の2連覇を逃した。
SP5位と出遅れた村主章枝(avex)はフリーで巻き返し、158.78点で4位。SPで2位の好位置につけた安藤美姫(トヨタ自動車)は157.32点で5位に終わった。
キム・ヨナ(韓国)が合計184.20点で初優勝。




という速報だったけど・・・・それにしても
キムに勝てない。フリーのオープニングの大技「トリプルアクセル」を転倒して、調子が上がらなくなってしまった。やはり、前後のステップを刻んでジャンプする難易度の高い技だけに今のところ「挑戦」という段階になっているから失敗は想定の範囲。

それとハードスケジュール。
この前のNHK杯から2週間で日本~アメリカそしてロシアと移動距離があり過ぎね。
コンディションの調整がうまくいくはずがない。
そんな状況もありながら、キムに連敗というのが痛い、イメージが最優先される採点競技だから早めにリベンジそておくほうが今後のビッグ大会で優位にたてるからね。

シーズン・インということもあるけど、ちょっとスケジュール調整をしたほうが「真央ブランド」としてのグレードをキープすることになるから・・・・
でも、メンタルを鍛えるという意味では『過酷な状況での戦い』に慣れることも必要。

とにかく16歳だし、急ぎすぎるのが最悪になるから「10代のテニスプレイヤー」のようにバーンアウトしてしまわないことを祈る。

« 真央 フィギュアGPファイナル首位スタート | トップページ | バルサ 世界一ならず。ロナウジーニョ心に残る素敵な言葉 »

adv