無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 井川 スターターで・・・ | トップページ | 16歳と44歳 浅田真央とクレメンスのアスリートスピリッツ! »

2006年12月 3日 (日)

岡島 ボストンレッドソックス入団

またもメジャーリーガー誕生! 岡島は引退しても元レッドソックスとなり決して「元ジャイアンツ 」とは言うまい。

8d45590a.jpg巨人ブランドはどこへ?

今年の流行語大賞に決まった「イナバウワー」。
「シズカアラカワ レイバックイナバウワー」というニュースと同列に『岡島ボストン』が飛び込んできた。

日本ハム優勝へ絶大なちからを発揮した岡島。今年に春には巨人を追われ、「どうすんの」状態で日ハムへ移籍。しかし、ここで(巨人ブランドのこだわらず)くさらずマウンドで見事なパフォーマンスをした岡島に「頑張った人にはNCAAね」。今シーズンはこれまでのプロ実績で最高の防御率2.14をマーク。2点台の防御率は凄い!

岡島は1993年、ドラフト3位でジャイアンツに入団。1995年に1軍デビュー、その後はリリーフで活躍。2001年には25セーブをマーク。
日本での通算成績は439試合の登板、34勝、32敗 41セーブ、防御率3.36

ここまでくると巨人から放出されて大正解といえるんじゃない。
日本ハムで「日本一」、そして来シーズンはメジャーの名門「ボストンレッドソックス」
60億円松坂よりも早く決まって、ちょこっと先輩か。


松井も岡島との対戦が楽しみとコメント。
これで松坂~岡島の日本人リレーが見れそうだ。別に日本人リレーというコピーはどうでもいいんだけど、ホント凄い時代になったねえ、これも一昔前なら「信じられな~い」。
東洋にマジックか、日本人の投手レベルは「イケテル」ことになっている。
この岡島のボストンとの契約で、桑田は「よっしゃ、」と思っているのか、「えっ、岡島がボストンなら俺は・・・」とどこを想像しただろうか。


まさに日本のプロ野球は「メジャーのファーム化」状態となってきた。
いや、日本プロ野球は別か。
いずれにしろ、メジャーリーグ見まくり状態になっていくだろう。

« 井川 スターターで・・・ | トップページ | 16歳と44歳 浅田真央とクレメンスのアスリートスピリッツ! »

adv