無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 井川 ヤンキース入り!正式契約 | トップページ | マイク・タイソンどこへ行く? »

2006年12月29日 (金)

フィギュア 真央初優勝!

浅田真央 全日本選手権初優勝 2006122904927555jijpspothum001_1

フィギュアスケートの世界選手権(来年3月、東京)などの代表選考会を兼ねた第75回全日本選手権大会最終日は29日、女子とアイスダンスのフリーを行った。
女子は、ショートプログラム(SP)1位の浅田真央(愛知・中京大中京高)がフリーでもトップの140.62点をマークし、合計211.76点で初優勝した。
浅田真は今月2日のNHK杯で国際大会女子歴代最高の199.52点を記録したが、
今回の得点はそれを上回る自己ベスト。

安藤美姫が二連覇した頃よりもレベルアップした演技を見せていたが、結果は2位。
そして、村主は4位となり世界選手権の選考から漏れた・・・
ここ最近の日本のフィギュアにレベルに高さには驚かされる。

国内大会が世界選手権とかオリンピックのような厳しいリンクになっている。
日本を制すれば世界をも・・・国内を乗り切るのが「メダルへの道」、これはアメリカのフィギュアやロシアの国内予選とよく似た状況になってきている。
陸上競技もUSAの国内予選はさながらオリンピックと同じ、いやそれ以上のプレッシャーのかかる大会とアスリートに言われてきた。

そんな状況に似た大会にフィギュアがなるとは数年前と比べ夢のようではある。
それだけレベルが高くなり、世界選手権が多いに期待できる状況。
真央の世界チャンピオンが現実的になってきた。

« 井川 ヤンキース入り!正式契約 | トップページ | マイク・タイソンどこへ行く? »

adv