無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 16歳と44歳 浅田真央とクレメンスのアスリートスピリッツ! | トップページ | 来シーズンもドジャース斉藤! 100万ドル »

2006年12月 5日 (火)

ヤンキース井川の値打ち!地元ニューヨークの価値

サウスポー欲しさに井川ラッキーか、

「Pitcher Igawa not biggest catch」
(投手では井川が最高の獲物ではない)

大リーグのウインターミーティングが、4日から当地で4日間行われる。地元の『オーランド・センティネル』紙は、ヤンキースが約30億円で独占交渉権を落札した阪神の井川慶投手(27)を酷評。

と現地ウインターミーティングのオーランドでは「メッタ斬り」されている。実際にメジャーで投げてもいない投手に30億という金額の影響もあるのだろうけど、
じゃあ、投げてないというのは理解できるけどね。
現地のスポーツライターは実際に井川の投げるところを見てるのかしら・・・
それも疑問だと思うけどね。

どんな投手なのか、生で見てみないと判断できないよね。
今まで逆バージョンで結構「助っ人メジャー」というふれこみで
日本にやってきてシーズン開幕し、「やられたあ!」状態というのはあった。
その頃の日本のメジャースカウトは実際に投げてるところを見てなくて
「情報筋」の情報とビデオだけで助っ人獲得というのもあったからね。
まあ、逆に見てないから井川のことをこき下ろすのも無理ないか。

その井川は・・・

メジャーでの第1球を予告した。「おそらく外(外角)の真っすぐ。ボクの生命線ですから」記念の1球目に自信のボールを投げ込む。と高らかに宣言!
まあ、実際に「真っ直ぐ」と言っておいて、カーブもありだしね。
それだけ「本気モード」が高まっているということの証明。
契約も締結していない状況で「メジャー第1球目のボールを発表」するのは井川にすれば並々ならぬ意気込みといえるんじゃないかな。

どうなるのか。
1球目よりも、三振、三振、三振
といきたいところ。
球種は二の次、どんな球でもいい。
というのがファンの本音じゃないかな。1210093409

« 16歳と44歳 浅田真央とクレメンスのアスリートスピリッツ! | トップページ | 来シーズンもドジャース斉藤! 100万ドル »

adv