無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 井川 ニューヨークでもプラックティス!「レンシュウ大好き」 | トップページ | 明日 ラストラン!!ディープインパクト »

2006年12月23日 (土)

松坂 生出演 市中引き回し。

松坂 生出演。「ボストン入り、胸中吐露、いや激白!」

1678828442 いやあ、各局、出まくり状態だったね。一気にテレビ出演をこなすパワーも凄い。
昨夜の時間経過とともにオン・エアーをチェック。筑紫さんの23でも「目標」について言及し、「夢」というコメントは子供のころから使わない主義。

目標の数字は「具体的には言わない」、しかし、日本テレビでは星野さんに「最低13勝だ!」と見事に突っ込まれていた。誰もがその数字は松坂2006122300000003spnspothum000 が怪我しない限り〝当然〟のノルマであって、本当は星野さんだって、「18勝はいかないと・・・」と言い切りたかったと思うな。

しかし、ダイスケ、ダイスケの連発で、改めて星野さん自身のブランディングの旨さを痛感した。「星野ブランドの確立、そしてイメージアップ」うまいね 。

その後のCXのスポルトでは、三宅さんに「背番号ぐらいは・・・」とやんわり質問され、松坂も「そうですね・・・・」とおまけ発言の飛び出していた。
西武の先輩投手、石井との電話トークも「期待した通り、13勝」のコメントだった。日テレ見ていたような、いやきっと見ていたと思う。


それにしても松坂をとりまくマネージャー、付き人らしい人も結構「イケメン」が多いように思えた。

それと、スタジオの大型モニターでインサートされていた「松坂のWBCでの力投」あの球は凄い。ぐんぐんきてることが画面でもはっきりと見てとれる。真っ直ぐがグイと曲がるように食い込む、星野さんが「よく言う、打者の胸元へ伸びる真っ直ぐ」のボールのこと。
あのWBCで投げる松坂の映像は何度見ても凄い。あれなら「14勝」はいけそう。いやもっとかな。

そして、スポルトでのエンディングでは画面に入らない(見切らない)人たち、ようするに松坂関係者をふくめたCXスポーツ関連の「暖かい声援と拍手」が画面のむこう(視聴者)にも伝わったんじゃないかな。「いい雰囲気のオウ~!」という声。
これって場の空気を具現化する音なんだよね。

その〆の部分がいい感じだったので、〝松坂いいぜ!〟という気がした。


  今年は、
 これにてテレビ出演終了。

 さあ、ボストンのエースへ・・・!
 

Photo

« 井川 ニューヨークでもプラックティス!「レンシュウ大好き」 | トップページ | 明日 ラストラン!!ディープインパクト »

adv