無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 松坂 入団は?契約は? 難航? 辣腕代理人の動きは? | トップページ | 松坂 どこへ・・・メジャーで投げるには契約だ! »

2006年12月 9日 (土)

アンディ・ペティット ルースの家へ!

Img_1492979_25226357_0 頼もしいサウスポーが〝ルース〟の家に戻ってくる。

アストロズからFAしていたアンディ・ペティットが我が家「ニューヨーク」へ戻ってくる。

率直に「うれしい」。ペティットが戻るとワールドシリーズの優勝が「見える」ように思うのはヤンクファンだけだろうか。なにせニューヨークで4度もワールドシリーズ制覇に貢献しているからね。もう、大丈夫。

ペティットは1995年にヤンキースで大リーグデビュー。先発左腕として9年連続2ケタ勝利をマークした。通算186勝104敗。
堂々の実績。しかもお気に入りなのは「ヤンキースデビュー」ね。
そう、お母さんの元へ戻ってくるのよ。
ニューヨークのファン(母)も子供「ペティット」も互いに「ヨッシャ!」に決まってルじゃん。

ペティットのあの鋭い眼光、サウスポーからのうねりをあげるストレート、
左だから変化球は何でも効果抜群ね。

ヤンキースでは、今季19勝を挙げて最多勝のタイトルを獲得した台湾人右腕の王建民、通算239勝のマイク・ムシーナ、通算280勝の左腕ランディ・ジョンソンの3人が来季の先発ローテーション入りが確実となっている。
そこにペティット、井川も?そして、カール・ハバーノが戻る可能性もあり。

なんか、ヤンキースの投手陣もかつてのように充実してきたんじゃないの、どうよ不安な部分を考えるといくらでもあるけどね。
しかし kei 井川、先発枠が残っているのかな。
中継ぎ、とか。ウッソ~なんてね。

« 松坂 入団は?契約は? 難航? 辣腕代理人の動きは? | トップページ | 松坂 どこへ・・・メジャーで投げるには契約だ! »

adv