無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

«  工藤の怖さ!横浜で発揮か。 | トップページ | 中村ノリ オリックス退団 う~ん・・・ »

2007年1月12日 (金)

中村ノリ どこへ行く?

浪人覚悟 「謝らない」2007011200000040nksbasethum000

退団騒動に揺れるオリックス中村紀洋内野手(33)が12日、浪人も覚悟して球団との最終交渉に臨む。中村が11日、兵庫県内で、球団と6回目の契約更改交渉は最後と位置付け、納得できる回答が得られない場合は完全決別する決意を明かした。

球団との交渉のもつれで最も被害を受けるのは「選手」そのものであり、
中村サイドの言う 「選手の同意なしでの減額制限(年俸1億円を超える選手は40%)を超える年俸ダウンはルール違反ではないのか? チームが勝つために選手が体を張った末にやってしまった故障に対して、フォローはないのか?

もちろん選手も労働者の一人だから当然の要求であり、球団への契約更改での権利でもある。しかし、世間の目はどうだろうか。プロ野球はファンあってのもの。いわば人気商売のひとつであり、このまま中村本人が主義主張を通してメリットはあるのだろうか。
もちろんノリ自身の気持ちの持ちようが一番大切であることは理解できる。

清原から直接コールで「一緒に野球をしよう」とラブコールされているのだから・・・
というメンタルなこともあるし・・・ここは球団に対して「くそう!」と思う気持ちを抑えて、
野球をする状況に置いておくのが懸命ではないだろうか。

ノリ自身は「浪人も覚悟し、打撃練習はバッチングセンターでやり、試合カンはプロ野球中継でオールへの目慣らしはやる」というが・・・・そして
シーズンオフのトライアウトも考えに入れているということから決意は固いと想像できるが、もう一度冷静に考えてみてもいいのではないだろうか。

下交渉の年俸8000万円で契約を成立させて2007年はオリックスでプレーしながら来シーズンの移籍チームを模索するほうがプレイヤーとして技量や試合カンも維持できるのではないだろうか。
オリックス以外でプレーするところを模索するよりも今はオリックスを選択できるのなら1年は我慢のつもりで契約したほうがファンも「頑張れ」とエールを送るのではないだろうか。実際のところ野球をやるのはフロントではなく選手と監督だからね。
今やっているゴタゴタはキャンプインすれば「そんなことあったの?」と言うことになる。

だから、ノリのこだわりを1年胸の中に封じ込めて「野球をする」のがベターな決断ではないだろうか。

«  工藤の怖さ!横浜で発揮か。 | トップページ | 中村ノリ オリックス退団 う~ん・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146675/4898925

この記事へのトラックバック一覧です: 中村ノリ どこへ行く?:

» 高校中退・ニートだって、自立することはできるんです [まこちんち]
この人すげぇ。 僕は以前、高校中退者・不登校生のサポート校で働いていました。 たくさんの卒業生を見てきましたが、やっぱり思うのは、 「この子達、ちゃんと仕事に就けて、やっていけるのかな・・・」 人と接することが苦手、心に壁を作ってしまう子達は、やはり存在しました。 もちろん、十分癒され、社会に適応するために力強くなった子もいましたが。 大人のニート対...... [続きを読む]

«  工藤の怖さ!横浜で発揮か。 | トップページ | 中村ノリ オリックス退団 う~ん・・・ »

adv