無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« スポーツ選手と成人式  二十歳の松井その時・・・ | トップページ | 中村ノリ どこへ行く? »

2007年1月10日 (水)

 工藤の怖さ!横浜で発揮か。

横浜移籍の工藤、「とにかく野球がしたい」

フリーエージェント(FA)移籍の人的補償としてプロ野球巨人から横浜への移籍が決まった工藤公康が思い描く2007年、シーズン。

8日に巨人の清武球団代表から移籍の決定を知らされたという工藤は、「多少戸惑いがあった」と気持ちの動揺を明かした。しかし、「ルール上、自分がどうこう言える立場ではない」と移籍指名を受け入れ、「とにかく頭の中で(気持ちを)切り替えるのが大事。暗くなってはいけない」と語っていたが、西武のころから「気持ちの切り替えの早さは天下一品」。

その精神的なバックボーンがあるせいか短期決戦の日本シリーズでは何度も活躍している。後に引きずらない性格、それでいてピッチングは緻密な配給を展開している。

「大胆かつ繊細」、この言葉が工藤の投球術を表してるいるといえまいか。
工藤は今43歳、プロ野球25年のキャリアを誇る。25年というと監督のキャリアと同じほど「勝負の世界」で生きてきている。
その経験と実績は、有形無形の価値があるのではないだろうか。実際に若手投手の「情報の引き出し」としての付加価値は計り知れないものがある。

西武、ダイエー(現ソフトバンク)から巨人と渡り歩いた25年間、その間に培われた情報とキャリアは横浜にとって、経験という有形無形の「戦力」がとてつもない「威力」となって発揮されることを願いたい。

ただ単に肉体だけの勝負ではなく、同じ1勝でもチーム戦力として考えた場合、どれだけプラスになるのか。もちろん工藤のプレイの仕方が今後重要になってくるのではあるが、
簡単な構図でいうと今シーズンの横浜vs巨人戦に関しては工藤効果が見れるかもしれない。横浜の大矢監督の手腕に期待したいところだ。

« スポーツ選手と成人式  二十歳の松井その時・・・ | トップページ | 中村ノリ どこへ行く? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146675/4871937

この記事へのトラックバック一覧です:  工藤の怖さ!横浜で発揮か。:

» ソフトバンクのショップ [ソフトバンクのショップ]
最近よく騒がれているソフトバンク!そのソフトバンクについて情報を提供したいと思 います☆皆さんの参考になれば幸いです。 [続きを読む]

« スポーツ選手と成人式  二十歳の松井その時・・・ | トップページ | 中村ノリ どこへ行く? »

adv