無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« K-1DYNAMAITE 2006 | トップページ | 箱根駅伝、高校ラグビー、高校サッカー »

2007年1月 1日 (月)

2007 スポーツ リアルな歓喜

あけましておめでとう!

お正月の元日を飾るビッグイベントサッカーの「天皇杯」。2007010104931252jijpspothum001

サッカーの第86回天皇杯全日本選手権最終日は1日、東京・国立競技場で決勝が行われ、浦和レッズがガンバ大阪を1-0で破り、大会2連覇とJリーグとの2冠を達成した。浦和の天皇杯制覇は前身の三菱重工時代を合わせて6度目。天皇杯連覇は第71、72回の横浜マリノスと前身の日産自動車以来、Jリーグと天皇杯の2冠は2000年シーズンの鹿島アントラーズ以来、6シーズンぶりとなった。

浦和の黄金時代の到来!
いやあ、へこむときあれば必ず上昇する。「とんとんにできてる」大阪弁で良くも悪くもプラスマイナスゼロ、悪いときの後は必ず上昇、良いことが起こる。とは本当によく言ったものである。レッズを見ればまさにその通り。

野球の格言で「ピンチのあとにチャンスあり」。これも絶対にある、ある状態だからね。
2007年、元日の思うのは「レッズの快進撃はいい教訓になる」。
気持ち良いレッズの優勝を見て、今年のスポーツへの思いを深く感じた。


愛すべき松井秀喜もそうアクシデントの次のシーズンは「絶好調。ここまで打つか」と思うほど打ちまくりになるのではないだろうか。ワールドチャンピオンも・・・・
それで「とんとん」じゃないかな。

新たな年に、新たな歓喜、今年もスポーツの喜びを!

« K-1DYNAMAITE 2006 | トップページ | 箱根駅伝、高校ラグビー、高校サッカー »

adv