無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 中野友加里 アジア冬季で金 | トップページ | バリ?ハワイ?いや冬のサーフィン »

2007年2月 5日 (月)

ヒンギス美しく復活V

1bf6534c.jpg世界ランク トップテンの実力!


 女子テニスの東レ・パンパシフィック・オープンはシングルス決勝を行い、元世界ランク1位で第2シードのマルチナ・ヒンギス(スイス)が、第5シードのアナ・イワノビッチ(セルビア)を6―4、6―2のストレートで下し、大会史上最多となる5度目の優勝を果たした。ヒンギスは1997年、99年、2000年と02年にも同大会で優勝している。
 ヒンギスにとっては、これで2006年のツアー復帰以来3度目、キャリア通算43度目のシングルス優勝となる。


昨年の『パンパシ』では招待選手としてスポンサー枠で出場したヒンギス。特別というカタチで復帰をかけてのツアー参加だった。しかもランキングは100位台で、ルーキー並みのランキングでの登場だった。ツアー復帰、そしてヒンギス復活を期待された昨年では準優勝、「さあ、復活ストーリーの始まり」という印象づけた大会だった。だから親日派のヒンギスにとってはゲンの良い場所、大会となっていたであろう。


そして1年後の東レ・パンパシではランキングもトップ10以内で出場し見事優勝!
ベテランの美しいテニスにファンは魅了された。
ヒンギス自身もカムバックする前よりも今の方がテニスが上手くなっている。と実感できるほど自分自身を見据えている。言い換えれば修羅場をくぐり抜け〝余裕〟のテニスになってきている証でもある。

パワー全盛の今のテニスにあって、ヒンギスの巧さは秀逸で奥の深さを感じさせてくれる。そんな「味のあるテニス」を好むファンは多く
一度はバーン・アウトしかけた元天才少女は、テニスの歓びをコートで表現する大人のプレイヤーとしてこれからも素晴らしいテニスを見せつけてくれるに違いない。

« 中野友加里 アジア冬季で金 | トップページ | バリ?ハワイ?いや冬のサーフィン »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146675/5220787

この記事へのトラックバック一覧です: ヒンギス美しく復活V:

» ヒンギスが婚約について語る [blueの気ままにテニスBLOG]
ヒンギスの記事でトラックバックさせていただきました。blueと言います。 ヒンギスやフェデラーらのテニスブログを書いてますのでぜひ遊びに来てみてください。 もしよろしければお気に入りにでも登録していただけると嬉しいです。 これからも宜しくお願いします。... [続きを読む]

« 中野友加里 アジア冬季で金 | トップページ | バリ?ハワイ?いや冬のサーフィン »

adv