無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« バリ?ハワイ?いや冬のサーフィン | トップページ | カズ、桑田、工藤 そしてロマーリオまでベテランの凄み »

2007年2月11日 (日)

定年! 辰吉丈一郎

37歳定年。

これプロボクシングの世界のこと。
ボクシングの世界にも定年がある。なぜ37歳なのか、

しかし、37歳で定年らしい。この〝定年〟を目前にもがいているのが元世界王者の辰吉丈一郎である。

元WBC世界バンタム級王者の辰吉丈一郎(36=大阪帝拳)が、5月に「ボクサーの定年」の37歳を迎える。実際、周囲には引退を勧告され、試合の見通しが立たない厳しい状況だ。それでもなお、現役であり続ける。黙々と練習をこなし、国内初の3度目の世界王座返り咲きに執念を燃やす。
と日刊スポーツに掲載されていた。


辰吉は過去3度WBCのチャンピオンベルトを締めているのだが、「もう、ええやろ」というのが周囲の声、1回でもチャンピオンになるのは至難の業なのに、3度、しかも網膜剥離からの復活もあり、
個人的には「辰吉のラジオドキュメント」の構成もし、スポーツ番組で全盛期の辰吉を取材しその「凄さ」を知っているので、複雑ではある。
世間の「もう、十分いや十二分です」。という声もわかるが・・・

本人はチャンピオンになって勝ったまま「引退」という花道を描いているらしい。

日本のプロボクシングには定年37歳という壁があり、アメリカのように42歳で世界チャンピオンに挑戦とか、キャリア20数年とかのファイターが存在しない。

アメリカのヘビー級なら元世界チャンピオンのジョージ・フォアマンが40歳を過ぎてもリングに上がりファイトしていて、それが凄い人気となっていた。

定年がなければ「40歳の辰吉」を見てみたい。

« バリ?ハワイ?いや冬のサーフィン | トップページ | カズ、桑田、工藤 そしてロマーリオまでベテランの凄み »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146675/5296835

この記事へのトラックバック一覧です: 定年! 辰吉丈一郎:

« バリ?ハワイ?いや冬のサーフィン | トップページ | カズ、桑田、工藤 そしてロマーリオまでベテランの凄み »

adv