無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 世界水泳 シンクロソロ 原田 銅メダル | トップページ | 井川 好投!ローテション入りか? »

2007年3月21日 (水)

世界水泳 デュエットも銅 

鈴木絵、原田 シンクロ

2007032005106457jijpspothum001 第12回世界選手権第4日は20日、当地のロッド・レーバー・アリーナ仮設プールなどで行われ、シンクロナイズドスイミングのデュエット・テクニカルルーティン(TR)決勝で鈴木絵美子、原田早穂(ミキハウス)組が97.167点で3位に入り、銅メダルを獲得した。
 アナスタシア・ダビドワ、アナスタシア・エルマコワ(ロシア)組が98.833点で優勝し、3大会連続で金メダル獲得。スペイン組が2位となった。今大会はTRとフリールーティン(FR)の総合成績ではなく、それぞれで順位を競っている。

同調性、シンクロに凄さはここにある。テレビの映像でもあれだけの演技を仕上げるには
想像を絶するような反復練習の繰り返しの日々をイメージすることができる。シンクロナイズドスイミングのトレーニングは地味なことの連続でととにかく「忍耐」が必要になる。少しずつ技をマスターし、山へ向かうクライマーのごとく、まさに一歩、一歩上っていくトレーニングであろう。それを思いながら見ているとメダルに色はどうでもいいように思えてしまう。

採点競技の美しさは競技というよりエンターテインメントに通じるものがある。
どっちが美しいのか?という採点は無意味のように思えてきた。
それほどまでに「シンクロ」の圧倒的な同調性は見る者を魅了する。

« 世界水泳 シンクロソロ 原田 銅メダル | トップページ | 井川 好投!ローテション入りか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146675/5759079

この記事へのトラックバック一覧です: 世界水泳 デュエットも銅 :

« 世界水泳 シンクロソロ 原田 銅メダル | トップページ | 井川 好投!ローテション入りか? »

adv