無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 松坂 オープン戦デビュー | トップページ | 井川 全米デビュー  »

2007年3月 5日 (月)

松井 豪快にツーベース 打撃全開か!

松井豪快にライトへ・・・好調アピール

2007030500000002sanspospothum000_1 ゴジラはどこもかしこも全開だ!! ヤンキースの松井秀喜外野手(32)が、パイレーツとのオープン戦に『3番・左翼』で先発出場。
1回に捨て身の? “ファスナー全開打法”で今季初の長打となる右翼線二塁打を放つなど、2打数1安打1四球だった。昨年骨折した左手首はほぼ完治、打撃の調子もここへきて上向き、そして…松井秀は全開バリバリじゃん!?
(とサンケイスポーツ)

オープン戦で好調な打撃をみせるヤンキース・松井。このも甘いカーブをきっちりとスイングしてライト線へ抜けるツーベースヒッツ。カーブを引きつけてスイングできているのが心強い。3月の上旬で軸ができていて、壁もしっかり作れているんじゃないだろうか。
順調に仕上がってきている。

しかし・・・・この後、大ボケぶりを発揮、

「開いていたんですよ、ファスナーが…。(写真にも)撮られていたんですか!? いつから開いていたかはわからないのですが、たぶん試合前でしょうね。今年はもちろん初めてですけど、実は結構、閉め忘れることがあるんです…」

この忘れることが流石、ミスターの影響か、大物として歩んでいるように思えるのだが。
〝忘れもの〟に関してはミスターの右に出る者はいない。豪快なエピソードも枚挙にいとまがないほどだ。

一つ、 後楽園球場に一茂を置き去りにしたまま自宅へ帰った。

一つ、 ストッキングを片方の足に2枚重ねではいているのに「ストッキングがない!」
       とロッカールームでのたうつ。

一つ、 背番号5のユニフォームを平気できて試合に出ようとした。

一つ、 東京駅に自家用のセンチュリーをアイドリングのまま、
     置いてきた。

一つ、 他の選手、立大の後輩、土井正三のバットでフルスイングしてホームラン。
       黒江や柴田らも餌食になったとか。

さて、本題のバッチング

「全部(バットの)しんでとらえている。悪くないですね。体調もいいですし、ここまで(オープン戦)3試合はとても順調です」

 オープン戦3試合で通算6打数2安打だが、凡打の打球もすべて痛烈。バッティングの調子は上向いている。それだけではない。昨年骨折した左手首もほぼ完治。骨折前には行っていた「左手1本でバットを握ってスイングする」という荒行の練習を再開させるところまできている。これなら怪我の恐怖は全くなし。
いくら名選手でもアクシデントの後遺症で悩み続ける選手も多いが、秀喜に関しては大丈夫のようだ。

もう、怪我は全快!

« 松坂 オープン戦デビュー | トップページ | 井川 全米デビュー  »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146675/5578464

この記事へのトラックバック一覧です: 松井 豪快にツーベース 打撃全開か!:

« 松坂 オープン戦デビュー | トップページ | 井川 全米デビュー  »

adv