無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 井川 全米デビュー  | トップページ | 桑田 ライトフライ?いやオーバーフェンスにメジャーパワー実感 »

2007年3月 9日 (金)

松坂 40%~50%でも本番オッケー

松坂 メジャー相手に好ピッチング

2007030800000203reuspothum000small 最速151キロ、ジャイロも投げた?

全米が注目するなか松坂がメジャー相手に初先発。期待通りのピッチングを披露した。やはりビッグゲームには本当に強いことを今回も証明した。オープン戦とはいえ、ボストンに入団が決まって徐々に松坂のベールが脱がされてきたが、今回はマーリンズ相手ということもあり〝メジャー相手のピッチング〟ということで注目された。

しかし、メジャー相手と言っても、昨年のWBCでもメジャーリーガーと対戦してるし、観光気分かどうか分からないが〝日米親善〟でも対戦してるからね。

本来のメジャーリーグという枠のなかでは初めての対戦になるけれど、まあそれだけ松坂の投げる球が「どれだけのもんなのか」というやっかみ、そして期待感の両方あるのではないだろうか。

これだけ注目されていながら〝好投〟するのだから「ビッグゲームに強い」ということを証明していると言えまいか。


初回、先頭打者で、昨年のナ・リーグ新人王H・ラミレスに外角の速球で入り、メジャー打者への初球はストライク。2球目もストレートで投ゴロに抑えた。2番のD・アグラに中安を許したものの、3番J・ハーミダを遊飛、4番J・ストークスを空振りの三振に仕留めて15球で1回を終えた。


2回には四球と二塁打で1死二、三塁のピンチを招いたが、後続を三振、一飛に抑えて得点を許さなかった。3回は投直、遊飛、二飛と危なげなく3者凡退。


結局3イニングで47球を投げ失点0、被安打2、奪三振3、四球1。直球はMAX151キロをマーク。

注目されている「ジャイロ」も1球投げたのではないか、と言われている。マーリンズの4番、ジェイソン・ストークスが「ジャイロを投げた」と証言したとか。
しかし、松坂が投げたと言っているのではない。これは松坂サイドとすれば企業秘密にしておいたほうがシーズン・インになってからも相手が困惑する可能性があるのではっきりと宣言しないほうがいいだろう。

「ジャイロ」の恐怖、投げるのか、投げないのか、この心理が松坂を優位にしていくので松坂にとってこれ以上の武器はない。

« 井川 全米デビュー  | トップページ | 桑田 ライトフライ?いやオーバーフェンスにメジャーパワー実感 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146675/5628454

この記事へのトラックバック一覧です: 松坂 40%~50%でも本番オッケー:

« 井川 全米デビュー  | トップページ | 桑田 ライトフライ?いやオーバーフェンスにメジャーパワー実感 »

adv