無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« イチロー復活! | トップページ | 松坂伝統のゲームで2勝目 »

2007年4月19日 (木)

井川 初勝利

一生に一度 メジャー初勝利!

2007041905177078jijpspothum001 ヤンキースの井川が初勝利をあげた。いつかは勝てると思っていたが、3度目の登板で
ついに・・・・・

米大リーグ、ヤンキースの井川慶投手は19日(日本時間)、本拠地ヤンキー・スタジアムでのインディアス戦に今季3度目の先発登板をした。6回を投げて失点2(自責点2)。ヤンキースが9-2で大勝し、井川は記念すべきメジャー初勝利を飾った。

とあるが、やはり松坂とは違ってマスコミの認知度は低いようだ。昨日のボストンの松坂は負けても夕刊紙の1面を飾るほど。井川は勝っているのに注目度が違うというのは仕方ないかもしれない。
まあ、本人は全く気にしていないだろうけど。

井川はここ3試合の登板で最も安定した投球内容だった。ストレートと変化球を巧みに織り交ぜながら、ストライク先行の内容でリズム良く投げ抜いた。失点は3回。二塁打と死球でピンチを招いた後、マイケルズのタイムリーヒットで1点。さらにハフナーの内野安打で1点を奪われた。しかし、4回以降は落ち着いた投球で追加点を許さなかった。この日は6回を投げて5安打、5奪三振、2四死球、2失点。球数は92球だった。

 試合はヤンキースが初回、アブレイユの犠牲フライで1点を先制。2回に2点を奪われて一時は逆転を許すも、3回に自慢の強力打線が爆発する。7長短打で一挙5点を奪取。さらに6回にはロドリゲス、ジアンビーの2者連続本塁打で3点を追加し、インディアンスを突き放した

これだけ味方が打ってくれると楽にピッチング出来るし、勝利も「転がり込んでくるのも頷ける」。いや、松坂の登板に限って強力打線のボストンが沈黙してるので対照的ともいえる。9得点とは言わないがせめて4点取ってやれば松坂も楽勝で2勝目を上げ満面の笑顔になっただろうに・・・

そこが野球の面白さなんだけど、こればかりは仕方ない。チーム事情が違う、相手も違う
そういったことからすればヤンキース井川は運があるのかもしれない。打ち込まれても自軍の打線が爆発し負けを消してくれた試合もあったし、この打線とのアジャストが勝ち星に大いに影響するので長いレギュラーシーズン、松坂もこれからいいことが巡ってくるように思いたい。

« イチロー復活! | トップページ | 松坂伝統のゲームで2勝目 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146675/6146950

この記事へのトラックバック一覧です: 井川 初勝利:

» ヤンキース井川、初めてつけた星の色は白〜あれ、世の中全然騒い... [なりぽん@厭離庵]
試合前にこんな‘指令’が出ていたかどうかはわからない。‘おい、昨日のライトはマイナーから上がってきたばかりの正真正銘のルーキーだが、みんなよく点を取ってくれて勝つことができた。今日のスターターはイガワだが、一応ルーキー扱いになるがこれは変な話で日本では...... [続きを読む]

« イチロー復活! | トップページ | 松坂伝統のゲームで2勝目 »

adv