無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 阪神首位! | トップページ | 谷 亮子 ママでも金! »

2007年9月14日 (金)

世界柔道 井上・鈴木2回戦で姿消す

お家芸・柔道ピンチか!?2007091400000015jijpspothum000

ブラジルで開催している世界柔道。初日に日本期待の鈴木・井上の両エースの登場とあって、「金メダル」のダブル奪取が予想された。しかし、100キロ超級の井上康生は2回戦で微妙な判定で姿を消した。

先に仕掛けたのは井上の右足だった。やや浅い大内刈り。こらえるリネールを、井上は圧迫する。残り6秒。相手の体は確かに崩れたが、相手に振られた井上の体も畳をはう。主審は「有効」。捨て身の返し技を放ったリネールに・・・・

約10分後、同じ悲劇に見舞われた鈴木がうめく。「何でこんなことが世界選手権で起こるのか」。鈴木の左大外刈りも確実にジリンスカスをとらえた。しかも背中をたたきつける「会心作」。だが、一本勝ちの名乗りを受けたのは、畳に落ちた後に横分けで鈴木を投げ飛ばした相手だった。

柔道の審判のジャッジはオリンピックでも物議を醸す事が多い。その判定で柔道家としての人生をも変えてしまうことがある。
いつも後味の悪さが残るのも世界レベルの大会に多い、柔道発祥国の日本柔道がスタンダードにならなければ今後も「悔しい気持ちが続いたまま」になってしまうだろうし、また同じことが繰り返される。

お願いだから北京ではちゃんとした柔道の判定をみせてほしい。

« 阪神首位! | トップページ | 谷 亮子 ママでも金! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146675/7939545

この記事へのトラックバック一覧です: 世界柔道 井上・鈴木2回戦で姿消す:

« 阪神首位! | トップページ | 谷 亮子 ママでも金! »

adv