無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« リトル松井 | トップページ | 松坂 呆然! »

2007年10月17日 (水)

稼頭央ワールドシリーズへ!

ロッキーズ球団初のリーグ優勝!

2007101600000211majspoview000 ワイルドカードから地区優勝そしてリーグ優勝まで7連勝とその勢いは凄い。
松井稼頭央の好調さは西武時代の松井そのもの、「本来の稼頭央はこれじゃ!」とメジャーの連中に言いたくなる素晴らしい活躍に西武時代からのファンは溜飲を下げたことだろう。しかし、メジャーの優勝シーンはいいね、ファミリーがグランドに降りて一緒に喜びを分かち合う、昨年も田口のファミリーがワールドチャンピオンになった時、子供をグランドで抱き抱えていたのがなんとも微笑ましかった。あれは、やはりメジャー舞台だから「ぴたっと」似合うのであって、日本の球場ではどうだろうか。

コロラドロッキーズもア・ウエイのクアーズフィールドだったけど松井ファミリーが微笑ましく
見ていて「幸せ気分」をいただいた。

その優勝決定のゲームはというと・・・・
 コロラド・ロッキーズの松井稼頭央二塁手は15日、アリゾナ・ダイヤモンドバックスとのナ・リーグ優勝決定シリーズ第4戦に「2番・二塁」で先発出場。4回に3点目をたたき出すセンター前タイムリーを放った。ロッキーズは、4回に集中打で6点を奪い、6-4で逃げ切り勝ち。対戦成績を4勝0敗とし、球団創設15年目にして初のリーグ優勝を成し遂げた。

リトル松井は・・・・
 4回、味方が2-1と勝ち越した後、2死一、三塁のチャンスでこの日3度目の打席へ。Dバックスの先発ミカ・オーウィングズ投手の低めのボールをたたき、センター前へのクリーンヒットで三塁走者を迎え入れた。これでポストシーズン6試合連続安打とした松井は、そのほかの打席ではセンターフライと2度の空振り三振に倒れたが、4打数1安打、1打点、1得点で勝利に貢献した。

さあ、ワールドチャンピオンへの道!

« リトル松井 | トップページ | 松坂 呆然! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146675/8471527

この記事へのトラックバック一覧です: 稼頭央ワールドシリーズへ!:

« リトル松井 | トップページ | 松坂 呆然! »

adv