無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 松坂 ここ一番の強さ! | トップページ | 松坂 感激! »

2007年10月28日 (日)

松坂 好投! 初ヒットも・・・

2007102800000004jijpspoview000 ボストンレッドソックスとコロラドロッキーズのワールドシリーズ。
初戦、第2戦とボストンが連勝して適地クアーズフィールドへ乗り込んでの
第3戦、先発はもちろん松坂大輔だ。


リーグ優勝がかかった第7戦の力投で、勝負強さと強運を感じさせたダイスケ、改めて野球の神様からビッグゲームのカードをもらった松坂、やはりチャンスをものにする能力は群を抜いていることを証明した。


そして、ワールドシリーズ第3戦、先発の松坂は初回に西武時代の先輩である松井にヒットを打たれ「荒れるクアーズ」の予想を呈したが、ロッキーズファンの嘆きに変わる好投を見せて無難に初回を乗り切った。

この後も、松坂は本来のパワーピッチの片鱗を見せるピッチングを展開し、4回まで松井稼頭央のヒット1本に抑える。しかし・・・
6回、アウトをひとつ取った後、連続四球を出しマウンドを降りた。

おまけといってはなんだが、ボストンのビッグイニングとなった3回、松坂はメジャー初安打となる2点タイムリーヒットを放ち攻撃でも大貢献。

終わってみれば・・・

米大リーグ、レッドソックスの松坂大輔が28日(日本時間)、敵地クアーズ・フィールドでロッキーズとのワールドシリーズ(7回戦制)第3戦に日本人投手として初先発し、6回途中2失点で勝利投手になった。レッドソックスは10-5で3連勝を飾り、ワールドシリーズ制覇へ王手をかけた。岡島秀樹は4番手として登板し、1回を1失点。また、ロッキーズの松井稼頭央は「1番・セカンド」で先発出場し、3安打猛打賞の活躍だった。


という結果になったわけだが、やはりビッグゲームには本当に強いということを証明してみせた松坂である。
シーズンを通して中4日のローテーションをきっちり守り、200イニング以上のピッチングをしたのはボストンのスターターの中では松坂だけ、そしてリーグチャンピオンシップの第7戦、ワールドシリーズ第3戦の好投と「1億ドルの投資は高くないだろう」ということではないだろうか。

さあ、ボストンがワールドチャンピオンに王手した。

« 松坂 ここ一番の強さ! | トップページ | 松坂 感激! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146675/8650236

この記事へのトラックバック一覧です: 松坂 好投! 初ヒットも・・・:

« 松坂 ここ一番の強さ! | トップページ | 松坂 感激! »

adv