無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« オシム倒れる | トップページ | スポーツフード »

2007年11月19日 (月)

Uー22 日本代表 北京へ

オシムへ届け4ゴール!

0cceeeed.jpg北京五輪へ挑むサッカーUー22日本代表。

色々な意味で結束力と日本のサッカーの思いが強烈な力となったベトナム戦であったが、サッカーファンの気持ちがそのままゲームに反映された。
ゲームを支配するU-22日本代表は脳梗塞で倒れた日本代表オシム監督に4発快勝を届けた。

FW李の2得点など前半だけで3点のリードを奪ったが、反町康治監督は攻撃的な布陣を貫き、得点力不足の課題を払しょくするゴールラッシュ。
4-0でベトナムを下し、4大会連続の五輪出場権獲得へ必要だった大量得点を勝ち点3とともに手にした。
21日は運命の最終サウジアラビア戦。勝利と五輪切符をオシム監督へ贈る。

試合後、反町監督は「まだ何も終わっていない」を繰り返し語り、決して喜びに浸ることはなくチームと自身の「気」を引き締めていたのが印象深い、実際の精神的な状態はそうであろう、五輪の切符が確定しないことには何もない、病床のオシム監督には「次にもっといい報告ができるように頑張りたい」というコメントが今の反町監督、そしてサポーターの気持ちを語っているように思う。

次の国立、11月21日のサウジアラビア戦は一気に正念場だ!

« オシム倒れる | トップページ | スポーツフード »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146675/9002398

この記事へのトラックバック一覧です: Uー22 日本代表 北京へ:

« オシム倒れる | トップページ | スポーツフード »

adv