無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« クレメンス 北京で金狙い | トップページ | レッズ アジアチャンピオン! »

2007年11月13日 (火)

豪腕 稲尾 逝く

豪腕投手、稲尾さんが急逝された。

「鉄腕稲尾、神様、仏様、稲尾様・・・・」
伝説に充ち満ちた実績・・・

日本シリーズ4連投、4連勝
シーズン42勝
20連勝

子供の頃、野球を観戦しているといつもオヤジが

「東映の尾崎、国鉄の金田、西鉄の稲尾、中日の板東、そして西鉄の池永、この5人が豪腕投手じゃ」
と何度も、何度も聞かせれていた。

しかし、ボクがリアルタイムで観た時はすでに肩を壊しリリーフ投手となって軟投派に転じていた。
「豪速球?」
と思うようなピッチングだったように記憶している。

その豪腕稲尾さんとは昨年、長崎の思案橋の「カロ」という長崎ちゃんぽん&皿うどんの美味しいお店で偶然にもお目にするができた。
ボクはあいにく野球の取材ではなく某グルメ番組の下見で長崎入りしていて、取材とは関係なく地元情報を聞いて「カロ」に入っていた。

おっと、野球、野球、長崎は福岡にフランチャイズを置くソフトバンクの地方試合のひとつであり一年に一度のプロ野球ゲームが開催される。
その試合の解説を稲尾さんがされていて試合後の軽い打ち上げで「カロ」に来られていた。ボクが軽く会釈をすると独特な柔和な笑顔を返された。「これだけで鉄腕稲生はええ人や」という印象をもった。

和服姿の美しい女将さんに聞くと「長崎でのゲームがあるといつも来られますよ」と言う。

ほう、ここの常連か、なるほどと納得した。
お店の雰囲気といい、和服姿の女将さんといい、
中華のお店とは思えない店の佇まい、美しい和服の女将、
思案橋と長崎ちゃんぽん、そして鉄腕・稲尾

昭和30年代のヒーローの粋なところを垣間見た気がした。

ご冥福をお祈りします。

« クレメンス 北京で金狙い | トップページ | レッズ アジアチャンピオン! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146675/8900239

この記事へのトラックバック一覧です: 豪腕 稲尾 逝く:

« クレメンス 北京で金狙い | トップページ | レッズ アジアチャンピオン! »

adv