無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 福留 シカゴへ! | トップページ | アジア予選やり直し »

2007年12月19日 (水)

浦和 世界3位

サッカークラブワールドカップ

世界一のサポーターの祈りが通じたのか見事なゲーム展開で世界3位に輝いたレッズ。
準決勝でのミラン戦が「夢のよう」なゲームで0-1で負けるも〝快感〟のあるゲームといえた。

欧州チャンピオンチームのACミランとの「ガチ」のゲームは日本のスポーツファンにとって興味深い試合でありJリーグのレベルと日本のサッカーのレベルを肌で知るのに絶好の機会であった。
ゲームではミランのファンタスティックな個人技が光る部分が大いに見られたが浦和も予想以上に〝よくやった〟と言える内容ではなかっただろうか。むしろあそこまでやれるとは想像しなかった、言い換えれば0-5とかで圧倒的にやられるかもしれない、という不安を払拭して余りある好内容のゲームで今後へ大きな期待を抱かせることになった。

そして、3位決定戦・・・・
チュニジアのエトワール・サヘル戦では2-2の末,PK戦で勝利し世界3位を力でもぎとる強さを証明した。
サヘルへ献上した1点目も浦和の坪井のちょっとしたミスが災いしてのペナルティーからPKを与え失点したもので「やらなくてもいい1点」であり、ゲーム序盤での〝あのゴール〟はなしと考えると2-1ですんなり世界3位になっていた。しかし、PK戦になっても結局4-2で浦和が勝利したのでプラスマイナスゼロという結果に・・・
やはり浦和が「世界3位になるようになっていた」とサッカーの神が決めていたのであろう。

今大会で大活躍の浦和のエース、ワシントンには魂を感じるプレイを見ることができ
非常に感激した。このゲームで浦和を去るが非常に惜しい、実にもったいない、というのが正直な感想である。
オジェック監督との確執からクビになったワシントンであるがクビにした監督へ強烈なしっぺ返しともいえる活躍ぶりだ、結局ワシントンの活躍が浦和を歴史に残るクラブチームに仕上げたことになる、やはりサッカーは人生の縮図という言葉がこれほど似合うものはない。
一時は「Jのお荷物」とまで言われた浦和が世界3位という輝かしい実績が何とも皮肉な結果となり興味深い。

やはり「サッカーは一寸先はわからない」という格言にも似た言葉を実感した。

« 福留 シカゴへ! | トップページ | アジア予選やり直し »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146675/9481793

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和 世界3位:

« 福留 シカゴへ! | トップページ | アジア予選やり直し »

adv