無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 野球日本代表 フィリピンに完勝! | トップページ | 救世主?サッカー日本代表 岡田監督! »

2007年12月 3日 (月)

星野ジャパン 北京へ!

しびれた韓国戦、台湾戦でのスクイズ

こんなに緊張しながら野球を見るのはWBC以来だ。
やはりオリンピック予選は緊張感に満ちている、とりわけ韓国戦はいつも1点を争うゲームになるので観戦する側が疲れてしまう。何が起こるか分からない最終予選でのしのぎ会いで勝つ意味合いは相当に大きいといえる。

試合経過を見ていてこれだけ疲れるのだから勝つと負けでは全く違う、日本の〝勝ち〟で心地よい疲れになる。
成瀬、川上、岩瀬、そして上原・・・・しびれた。日本投手は凄い、ここ一番での制球力、そしてタフなハートと完璧だった。

明けて、台湾戦、ダルビッシュが逆転2ランを打たれたときは解説の古田が言っていたように「凍りついた」の言葉がぴったりの状況だ。

しかし、次の回でサブローのスクイズもサプライズだった「誰も予想していなかった」
見事過ぎるほどのバントで、星野監督の度胸の良さと責任の所在を明確にする采配は見事と言えた。あの場面でスクイズは100%監督の責任になる失敗しても成功しても凄い決断力。やはり違うね。

その後は気持ちよいほどのつるべ打ちで星野ジャパンの見事なスモールベースボールが展開されビッグイニングを作り北京行きを確実なものにした。

野球ファンがほっとした一時を味わえる。
ほんと野球というスポーツのすばらしさを再確認した思いである。

« 野球日本代表 フィリピンに完勝! | トップページ | 救世主?サッカー日本代表 岡田監督! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146675/9239911

この記事へのトラックバック一覧です: 星野ジャパン 北京へ!:

« 野球日本代表 フィリピンに完勝! | トップページ | 救世主?サッカー日本代表 岡田監督! »

adv