無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 福士 30㌔で失速 | トップページ | プロ野球キャンプ・イン »

2008年1月31日 (木)

ハンドボールの夜明け!

3点差は何ダ!

「中東の笛」。ハンドボールの北京オリンピックアジア予選での「なんじゃそりゃ」のすったもんだの挙げ句のやり直し予選、中東は不参加・・・・結局韓国と日本との一発勝負で北京行きの切符をかけての一戦となった。

一度無くなったチケットがもう一度狙えるかもしれない。「うっそ~」「めっちゃラッキー」
と思うのか、ええんんかなあ・・・と思うのか。勝てば北京、負ければ過酷な世界予選、誰がみても東京代々木で開催される韓国vs日本の一戦に勝ち「北京へ上がり!」となるほうがいいに決まっている。

中東がどうのこうの言ってる場合じゃない。
と思いながらbs観戦を決めてモニターの前に陣取った。こちらにも緊張感が伝わるいいムード、やはり崖っぷちの五輪予選はいい。これがスポーツの醍醐味というのを嫌と言うほど味わえるではないか。

ハンドボールは1点、1点を丁寧に積み重ねていくボールゲームで試合を見る側とすればバスケットボール観戦に共通するものがある。豪快なジャンプシュートで1点を取り、相手ボールの展開の時、必死のディフェンスで防ぐと活路が見えてくる。

シュートチャンスも多く「ガッツポーズ」を何度も楽しめるのがすこぶるいい。
日本-韓国戦は25-28のスコアだから少なくとも25回のガッツポーズで「よっしゃ~」と拳を握りしめ興奮することができた。

そして日本のゴールキーパーのファインセーブでまた「よっしゃ~」のガッツポーズだ。

このエキサイティングなスポーツがどうしてマイナースポーツなのか以前から疑問に思っていた。派手なシュートにスカイプレーなど、観客を魅了するプレイはふんだんにある。
ましてや現日本代表にはすこぶるルックスの優れた宮崎選手がいるので条件は整っている。これで一気に北京へ!

しかし、現実は厳しく実力的に一枚上の韓国が3点差で勝利し「北京行き」を決めた。
日本代表が勝てた試合だった。と思う、それだけに悔しい。

しかし、ハンドボールが見るスポーツとしても十二分に楽しめるスポーツであることは今回のやり直し予選で感じた人も多いのではないだろうか。

こうなれば〝茨の道の世界最終予選〟に何としても通過し最後の最後で北京へのチケットをもぎ取ってほしい。

« 福士 30㌔で失速 | トップページ | プロ野球キャンプ・イン »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146675/10172984

この記事へのトラックバック一覧です: ハンドボールの夜明け!:

« 福士 30㌔で失速 | トップページ | プロ野球キャンプ・イン »

adv