無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« ハンドボールの夜明け! | トップページ | 中田翔 初アーチは場外 »

2008年2月 2日 (土)

プロ野球キャンプ・イン

球春!「キャンプだ」

2008020100000021jijpspothum000small 2月1日、プロ野球キャンプが一斉にスタート。キャンプ初日はプロ野球選手にとって『元日』にあたり、今年も怪我無く好成績でシーズンを終えることを祈してスプリング・キャンプに入る。

2008年の注目選手は何と言っても大阪桐蔭高校から「ドラいち」で日本ハムに入団した中田翔だろう、レトロな表現をすると「超高校級!ゴールデンルーキー 中田 翔キャンプスタート」。ここでもいきなり1軍と帯同するあたりは球団の期待度をうかがわせる。

さて、キャンプ初日はというとフリー打撃で柵越え6発という大物の片鱗を見せた。
もうプロで何年も食べている選手のような雰囲気をもち、落ち着いた物腰、そして鋭いスイングはもうすでに『立派なプロ』としてのオーラが放出されているのであろう。

プロ野球選手としての契約を済ませ1月の自主トレに続き、2月からのキャンプ・イン、そしてオープン戦からシーズン開幕とここから怒濤のスケジュールが待ち受けるのだ。これまではあくまでもアマチュアなので趣味として野球をやっていたようなものである。しかし、プロともなれば〝給料〟が支給される、そう野球をやってお金を稼ぐのだ。

契約内容にもよるが1月の25日か月末には初めての給料が振り込まれたに違いない、年俸1000万円なら一ヶ月の給料は12分の1000万円だから85万円(税込)で手取りにして77万円だと思う。高校生で初任給が税込85万円、やはりプロ野球は夢のある職業である。

仲田翔は初めて貰った給料でお母さんに何を買ってあげるのだろうか。確か女で一人で翔くんを育てあげたという情報だ。

心地良い球春、今年もまたプロ野球が動き始めた。

« ハンドボールの夜明け! | トップページ | 中田翔 初アーチは場外 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146675/10200262

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球キャンプ・イン:

« ハンドボールの夜明け! | トップページ | 中田翔 初アーチは場外 »

adv