無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« プロ野球キャンプ・イン | トップページ | 真央 初優勝! 四大陸 »

2008年2月10日 (日)

中田翔 初アーチは場外

モノが違うね。

超高校級のスラッガー「中田翔」。
キャンプ紅白戦ではほろ苦いプロ実戦デビューだったがこの日の阪神タイガースとの練習試合では「中田らしい豪快な初アーチ」が飛び出しキャンプ地のファンの度肝を抜いた

高校生で(少し前に卒業したばかり、まだ一ヶ月もたっていない)これだけフルスイングできれば問題無し。期待通りの豪快なホームランはファンを納得させる以上の迫力ある本塁打といえる、豪快な場外アーチは高校生の打球ではなく『プロで飯を食って10年』とも言えるような滞空時間の長い〝アーチ〟を形成した。

弾丸ライナーではなくゆったりとした大きな、大きなアーチを描くホームラン。これぞホームランという打球はそのに居合わせた人たちを幸福にすような心地良く、気持ちのよい時間を提供する。なぜかって・・・豪快なアーチはその時間帯だけ主役になり全ての注目を浴びながら場外へと消える。

ホームランだけが得ることができる至福の時間、全てが止まりボールの動きだけとなる。
中田翔選手にはこのホームランの時間の長いアーチをガンガン打ってほしいものだ。
ホームランの中でも最も賞賛に値するのが場外アーチだ。
場外ホームランならダブルスコアになる。といったルールを特別に加えてもいいのではないだろうか、いやしおれほどまでにホームランは魅力あるものだし、ホームランが野球の醍醐味であることを再確認させた〝中田翔〟の一発だった。

« プロ野球キャンプ・イン | トップページ | 真央 初優勝! 四大陸 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146675/10408350

この記事へのトラックバック一覧です: 中田翔 初アーチは場外:

« プロ野球キャンプ・イン | トップページ | 真央 初優勝! 四大陸 »

adv