無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月27日 (木)

松井 結婚

開幕前に・・・松井が結婚

1119538170533_imgdtl プロ野球界最後の大物シングルも年貢の納め時・・・
いやそんなことよりも「よかった」という感想である。もう引退するまでは自由を謳歌するのか、と思われていたがなのなんの秀樹は野球を同じで確実に〝愛〟を育んでいたのだ。
これもヒデキ松井らしいね。

松井本人が直筆でしたためたファンへの手紙を共同通信に寄せた、とある

 「このたび、私、松井秀喜は結婚することになりました」とストレートに結婚を報告する手紙は、相手が芸能人など有名人ではなく、いわゆる一般の女性であると説明。「今後の人生を彼女とともに歩んでいくことに決めました」としている。

これで今シーズンは「念願のワールドチャンピオン!」
になるんじゃないかな、良いことはどんどんやってくる。

2008年3月24日 (月)

本物!MLB

ボストン  オークランド

メジャー練習試合

9a7a5f99.jpgMLBの公式戦

松坂が先発することで何かと話題になるメジャーリーグ開幕戦。
これもMLBの世界戦略の一環でありメジャーのパワーを生でプレゼンテーションするという企画だ。

その公式戦の前のプレイベントとして阪神、巨人の2チームがボストンレッド・ソックス、そしてオークランド・アスレチックスの2球団との練習試合が行われた。
なんでこの時期に?もう、パシフィックのペナントも開幕したのに・・・

イベントとして興行優先というのならせめてパリーグの公式戦とは違う日程でメジャーの練習ゲームをするのが日本のプロ野球界にとってベターであろう。
巨人の上原がボストンとのゲームに先発して「クビを傾げながら・・・、なんでこの時期にメジャーと練習試合をするんすかね」とコメントしていたが正論だと思う。

結果はボストンもオークランドもメジャーらしさを見せつけ「やはりまだまだメジャーのほうが一枚も二枚も上だ」と実感させられた内容であった。

いつも秋にやってくるメジャー選抜とはあきらかに選手のコンディションが違う、あと数日で公式戦が開幕するスタンバイオッケー状態とオフモードに入っている状態ではこうも違うのか、というのがありありと見れた。

やはり、MLBは凄い!

2008年3月20日 (木)

ダルビッシュ 開幕戦でシャットアウト!

ダル 完封スタート

「動じない男」「ものおじしない男」「プレッシャーに強い男」
そう、ダルビッシュがロッテとの開幕戦で「らしいピッチング」を展開し、シャットアウトで今季初勝利を飾った。しかも1-0という投手として最高にシビれる内容の1点差ゲーム、しかも最小得点の1点を守りきる凄さを見せつけた。

1-0、しかもオープニングゲーム、こりゃあ3勝以上の価値があるといえるんじゃないだろうか、チームの勢いをつける最良の試合だ。まあ、4対0なら打撃陣も好調スタートで〝最高の開幕戦〟になったであろう、しかし1点だけならダルビッシュ様々である。
監督がかつてのコンニャク打法の達人に代わってもダルビッシュの日本ハムに変わりはないことが開幕戦で実証された。

一方、気になるオリックス・・・

金子が好投!7回を1失点


 オリックスが競り勝ち、3年連続開幕戦勝利。
開幕には強い。この勢いがずっと続けば面白い。

メンバを見てもキャラクターの強さは12球団随一じゃないだろうか。
台風の目になれるのか、それとも春の珍事で終るのか・・・

2008年3月15日 (土)

イチロー初安打の後はホームラン

やっぱり打つ!当然打つ!

「26打席無安打」、イチローが変、どうしたイチロー、
と何かと騒がしかったスポーツマスコミであるが1本ヒットを打つとマスコミが安心。
本人、イチローとしては全く気にしていなくて、逆に「打たない」ことで注目されることを楽しんでいた。

毎年、毎年、イチローなら3割5分程度は打つ、というのが普通になっているためオープン戦で打たないイチローが周囲としては気になって仕方ない。

そのイチローは「毎年、毎年、ボクが打つのが当たり前と思われてるからね、今回のようにノーヒットが注目されることが気持ち良い」と思っているのではないだろうか、まあ直接聞いたわけではないので個人的な想像であるわけだけど・・・・

そのイチローがいつも通りの打撃をみせた。
14日、コロラド・ロッキーズとのオープン戦に「1番・中堅」で先発出場。本塁打を含む4打数2安打、2打点、1得点だった。また、城島健司捕手は「8番・捕手」で先発マスクをかぶり3打数1安打、1打点、1三振、という結果に。

普通のイチローに戻った。2007060100000017reu_kspoview000

  ※写真はイメージです。

2008年3月13日 (木)

乱闘!

オープン戦でも本気?

2008031300000207majspoview000 報復、やられたらやり返す。目には目を・・・・
本気のメジャーリーグではオープン戦でも臨戦態勢だ。
この日も・・・・レイズ、ヤンキースのゲームで岩村がスパイクされ流血。
おいおい、ちょっとやり過ぎなんじゃないの、オープン戦やで。
と思ってしまうが、そこはいつも本気モードのMLBだ。

レイズ、ヤンキーズの両チームが8日に対戦した際、ヤンキースのフランシスコ・サーベリ捕手が本塁でのクロスプレーで右手首を骨折。そのため、両チームはこの日の試合前に審判から警告を受けていたが、初回にいきなりヤンキース先発のヒース・フィリップス投手が危険球で退場。そして2回のダンカンのプレーで緊張は頂点に達し乱闘になった。

この状況で開幕すると一体どうなるのか、遺恨試合は続行する。
ピッチャーもバッターも凶器に変化するボールとバット、そしてスパイクと危険なモノをそのままプレイするため装備しているのがベースボールだ。

何せあの堅い硬球はやっぱり危険だ。文字通り頭部周辺近くへの投球は〝危険球〟だし、絶対に狙ってはいけない。

いつも危険と隣り合わせのスポーツ、それがベースボールだ。

2008年3月 8日 (土)

上村愛子 W杯3連勝!

愛子 年間Vへ!

2008030800000000jijpspothum000 スキーのモーグルで3連勝。
一昔前なら想像もできない快挙である。
スキー競技はノルディック、アルペン、そしてフリースタイル系とカテゴリーが分かれる。日本人がスキー競技で世界をフィールドに勝負できたのは今や伝説となっている冬季五輪、1956年コルチナ・ダンペッツオ大会の回転で銀メダルを獲得した猪谷千春が最初のアスリートであろう。
その後は日本のお家芸ともなったジャンプ、そして複合競技、アルペンでは岡野、女子では弾丸娘の川端絵美がその代表格である。
モーグルでは長野で金メダリストとなった里谷多英の活躍が思い起されるが、上村の快挙は凄い。

長野冬季五輪に初出場し世界へ飛び出した女子高校生の上村愛子はキュートなモーグラーとして人気を得てソルトレーク、トリノとオリンピック3大会連続出場したがメダルに届かず涙をのんだ。

その愛子が今シーズン一気に爆発しワールドカップ3連勝。これで名実ともに世界の第一人者となった。いいねえ!

2008年3月 6日 (木)

野茂2度目の登板

野茂3回を無失点!

2008030600000208majspoview000 ロイヤルズでメジャー復帰を目指す野茂、オープン戦2度目の登板はサンフランシスコ・ジャイアンツ戦に登板し3回を無失点に抑える好投を見せた。
この日もトルネードを封印しセットポジションからの投球でコントロールを重視したピッチングを繰り広げ『投球術』が冴え渡った。

肘への負担を軽くすために選んだセットポジションなのだがドジャース時代もノーヒットノーランを達成したクアーズフィールド(高地でボールがよく飛ぶ)ではゲーム途中からセットポジションで投げ続ける工夫をし見事ノーヒッターとなった。状況にフィッティングさせる適応能力の高さは今に始まったのではなくメジャー入りしたころから兼ね備えていたのではないだろうか。

状況に応じたピッチングは新しい野茂と映るかもしれないが野茂の大胆さの中に隠された繊細さは近鉄時代からみせていた。一般的には豪速球とフォークのコンビネーションが目立つが実際にはカーブもスライダーももっている。しかも速球の変化(球速を変えタイミングを外す)で打者を打ち取るクレバーさも野茂の魅力のひとつであろう。

今は結果をだすのみなので3回無失点は上々といえるピッチング、今後は打者、投手ともに本気モードとなり野茂の投球にも凄みが一段と増すことを望みたい。

2008年3月 1日 (土)

野茂・桑田 メジャーカムバックへ第一歩

野茂 2回を1失点

桑田 1回パーフェクト

MLBもオープン戦たけなわとなり期待の日本人プレイヤーの動向が気になるところだ。
注目されるのは3年ぶりでメジャー復帰を目指すロイヤルズの野茂、そして今シーズンもメジャーでのプレイを望むベテラン桑田の2選手である。

その野茂はパドレス戦で2回を投げ被安打3、1失点というピッチング、投球内容、ストレートの伸び、フォークの落ち具合、などなどが実際にどうなのかが気になるところだ。しかし自責点は0ということから「まあ、まあ」ではないのか。

一方の桑田は被安打0、パーフェクトリリーフ。

以下・・・
ピッツバーグ・パイレーツの桑田真澄投手が、フィラデルフィア・フィリーズとの練習試合にリリーフで登板。打者3人をパーフェクトに抑え、メジャー昇格へ向け最高のスタートを切った。

この記事だけでもワクワクする、ゲームの模様を見てみたい。
オープンゲームも録画で放送してほしいものである。

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

adv