無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月29日 (日)

松井 故障者リストへ

ヒザ ギブアップ!

古傷が再発した。
ケガはどうしようもない、「無事コレ名馬なり」というが、やはり故障のないのが超一流の証しなのかもしれない。そういう意味では〝惜しい〟

好調なシーズンなだけに・・・
早めの復帰が望まれる。

2008年6月22日 (日)

夏 甲子園の季節

高校野球の醍醐味 甲子園

今年は90回の記念大会らしい。区切りの大会ということでいつもディケイド(10年だったかな)の大会は記念大会と高野連と朝日新聞が企画し、少しイベント色を濃くして大会を盛り上げる。

40年前に上映された市川昆監督の「青春」も再び上映され、高校野球熱がますますヒートアップしている。
そして今年は、その甲子園がリニューアルされ球場がクラシックな雰囲気になりより甲子園の高校野球が盛り上がるのではないだろうか。

アメリカでは同年代の、ハイスクールのベースボール大会が日本のように異常な盛り上がりは見られないという。米野球関係者は日本の夏の甲子園の選手権大会を観戦すると「信じられない」という言葉を連発する。
どうしてハイスクールのベースボールにこれだけ熱くなれるのか、と。

理解するには日本にディケイド、10年は住み込みながら日本の文化と生活習慣を感じ取って、その上市井の人たちと触れあい、人情・調和・思いやり・誠実という日本古来の良い部分(今は少なくなった、という人が多いけど・・・)を感じとってもらわないと『高校野球』、とりわけ夏の甲子園の良さは理解できないのではないだろうか。

日本人にとって野球は、やはり特別なスポーツなのである。

その夏が始まった。

2008年6月14日 (土)

ユーロにみる夜のスポーツ観戦

ユーロ ヨーロッパ選手権。

4年に一度の欧州の祭。そう、サッカーのユーロが始まった。
WOWWOWに加入すれば「思いっきりユーロが楽しめる」というより24時間戦えますか?というほど睡眠不足になってしまう。

というのもライブのゲームになるとに観戦するのは真夜中のゲームで日本時間の午前1時頃からのキックオフとなり、次の試合は午前3時過ぎのキックオフだ。いつも夜中に観戦するのがスポーツ中継を楽しむ醍醐味だ。と体と頭にすりこまれているように思えるのだがどうだろうか。

ワールドカップでも開催国がヨーロッパでも南米でも、こちらは真夜中に観戦することになる明日の事を気にしながら真夜中に「ガッツポーズ」をするのが世界選手権レベルのスポーツイベントの迫力か、週末ともなればスポーツ好きがマンションのリビングに集結し、

「おお~、ヨシッ、おっしゃあ~」と拳を握りしめて興奮しているのではないだろうか。
この真夜中観戦を一度経験するともうやめられない。ミッドナイトホリックとでもいうべき症状がおそってくる、これだから真夜中観戦はやめられない。

日本のゴールデンタイムに生中継と表示されても・・・・ちょっと違うなあと感じるのではないだろうか。
五輪に関しても夜中の2時、3時にメダルのかかった試合やゲーム、そしてレースがあるとやたら興奮してしまうのもミッドナイトホリックかもしれない。

ああ、スポーツ好きの体に悪いユーロの興奮・・・・

2008年6月 8日 (日)

スポーツ・スポーツ・スポーツ

イワノビッチ世界ナンバー1へ 

2008060800000495reuspothum000 全仏オープンは7日、女子シングルス決勝を行い、第2シードのアナ・イワノビッチ(セルビア)が第13シードのディナラ・サフィナ(ロシア)を6―4、6―3で下し、4大大会初優勝を飾った。
 セルビア出身の女子選手がメジャー大会を制したのは史上初。

元日本代表の中田英寿が現役復帰? いや、いやそう思いたい。

ヒデのイベント環境問題や貧困問題などの「+1 フットボールマッチ」が7日、横浜・日産スタジアムで行われ、中田英が現役時代をほうふつとさせるプレーを大観衆の前で披露した。元日本代表選手や世界各国の著名な選手や監督がジャパンスターズとワールドスターズに分かれて行われた試合は、2-2の引き分けに終わった。

2008060700000007maiallsoccview000

北島 世界新記録!

レーザー・レーサーは夢の水着。

ジャパンオープンで8日、男子200メートル平泳ぎに出場した北島康介(日本コカ・コーラ)は2分7秒51の世界新記録を出した。

2008年6月 1日 (日)

松井 9試合連続安打

絶好調!マツイ リーディングヒッター

松井の打撃の調子がすこぶるいい。悪いシーズンの後は必ず良い結果がでる。運命的なことを言うつもりはないがなぜか「人生トントン」というふうになっているのかな、と思ってしまう。

あのアクシデントの後は〝ご褒美〟があるのだから今シーズンはきっとサプライズものの結果が出るんじゃないかな、それが何かってワールドチャンピオンと首位打者かもしれない、それほど好調だ。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

adv