無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 松阪  11勝! | トップページ | 2999 »

2008年7月27日 (日)

千秋楽

千秋楽  

芝居、舞台、演芸・・・

いえ、大相撲です。

大相撲7月場所、名古屋場所の千秋楽。
13日目に白鵬の優勝が決まり、後は全勝優勝だけが見所と思っていた。

その楽日の結びの一番、いやあ強いね。白鵬の横綱相撲に思わず見入ってしまった。「ええ横綱やで」

解説の元横綱北の富士も「強いね。暑さを忘れるほど気持ち良い横綱相撲だね」。と言うとおりボクも暑さを忘れて白鵬の相撲を見ていた。

向こう正面の解説舞の海も白鵬の相撲に感心しきりで「生きてる間に双葉山の69連勝を破る相撲を見てみたい。それが期待できるのが白鵬でしょ、」と解説するほど。

ボクも同感だ。
大鵬、柏戸、栃錦、北の湖と凄い横綱はいたけど白鵬のスケールの大きな相撲は別格のようにも思う。
ええ~、ほんまかいな、と思うのならいっぺん見てみ今の白鵬を、そら凄いで、受けて良し、出てなお強い、
「心」「技」「体」の充実は素晴らしい。そして相撲への打ち込みも求道者のごとく真剣そのものだ。

やはり横綱はこうでなきゃね。

名古屋の千秋楽の相撲を見て、秋場所がみたいなと思わせるのは久々だ。

« 松阪  11勝! | トップページ | 2999 »

adv