無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月24日 (日)

北京オリンピック  野球

う~ん、

銅もダメか・・・

色々ある。ぼやきたいこともある。

田淵コーチは何をしているのか。

山本コーチは何をしているのか。

さっぱり理解できない。選手は必死にやってる、いや韓国の選手の必死さのほうが一枚も二枚も上だった。

日本Vs韓国のウイニングボールを捕ったライトの選手の喜ぶ姿が象徴していた。あの勝利の瞬間を見ると韓国ナインの思いがどれほどだったのかが理解できる。

意外にも韓国が決勝戦に出るのは今回初めてのこと、そら嬉しいで日本よりも悲願の金メダルだろう。
WBCでも勝ったはずが福留の一発でジ・エンドだったしね。

しかし、勝てたよなあ、と思うのはボクだけではないだろう。

3位決定戦、これも青木の一発で「勝てたよなあ」

くそっ、悔しい、残念だ。

プレッシャー?金メダルの呪縛?
全然関係ないと思う。

気楽にしてやるのは監督を含めたコーチ陣の仕事だからね、田淵、山本のお二人は北京に野球観戦しに行ったのかな、と思うほどだ。

まあ、それよりも敗因は何と言っても「訳の分からないジャッジ」をしまくった審判だ。
どうにもできないし余計にだし、どうしようもないな。

それと気になったのが星野さんの試合カンです。やはり現役の監督ではないので勝負どころのカンに冴えがないように思いましたね。
野球は毎日やらないと試合の決断力が鈍ります。北京へ行く前の壮行試合でも気になってましたけど、誰も言わないでしょ、田淵コーチや、山本コーチがきちっと監督にアドバイスするのが仕事なのに・・・これじゃあ腹の出たただのオッサンで北京へ観光旅行と思われますよ。ホントに

特に田淵さんは打撃コーチとしてゲーム中、ゲーム前、ゲーム後とやること有りすぎるほどあるのに何もやってないでしょうね、データの分析から解析、そして実践での対応力に関して誰が明確な指示をしていたのか皆目検討がつきません、具体的に言うと韓国戦であの左の投手をどう責めるのか全くプランニングが見えませんでした。
それでは勝てません、アメリカ戦も同じです。4点入れたのは荒木と青木の個人の能力です。サッカーで言う個人技でファインゴールを決めたようなものでチームとしてのオフェンスのプランが見えませんでした。

スモールベースボールを標榜していたけど全く生かされていなかったしね、ボクは何が悔しいといってその部分が一番悔しいですね。日本の野球は緻密で隙のない野球で、メジャーリーグからも「そんなベースボールがあるのか」と思われ参考にされるるほど高等レベルなのに・・・本当にコーチ陣はやれることを全て準備したんだろうか。

選手は必死でプレーしていたと思います。

2008年8月22日 (金)

松井 カムバック!

リハビリから戦地へ戻ったゴジラ

ニューヨークヤンキースの松井秀喜がグランドへ戻ってきた。
ブルージェイズとのゲームで復帰初安打を放った。センターフライ、センターフライ、セカンドゴロの後の4打席目、ついに松井らしい打球が右中間へ・・・

余裕のツーベースヒッツ!
松井の喜びの声「シンをハズされた感じの打撃が続いていましたけど、最後はしっかり捕らえた」とコメントした。

それにしても松井はケガが多い、今のヒザも古傷らしいがいつ爆発するか解らない状態だという。と聞くとファンやマスコミは「ええ~、大丈夫なのか」とすぐに疑ってしまうものであるが松井サイド(NY首脳陣)としては全くノープロブレムと信じて疑わない。なぜなら疑わしきコンディションの選手をメジャーのベンチに入れるわけがないし、豊富な資金力のニューヨークで訳あり選手を使うことも全くない。

そう考えると変な不安も吹き飛んでしまうというものだ。

首位レイズと10差、ワイルドカード争いではトップのレッドソックスと5・5差、プレイオフには厳しい状況が続くもののゴジラの巻き返しに期待したい。

<ブルージェイズ1-5ヤンキース>

 

2008年8月12日 (火)

えっ、もう終わり・・・

北京五輪。

男子サッカーの一次リーグ敗退が決まった。
なんか拍子抜けだ。
メダルだ、メダルだ、といってアテネから4年間も言い続けて蓋を開ければ「一次リーグ連敗でジ・エンド」

うーん・・・何をしに北京へ行ったのか、初戦のアメリカとのゲーム内容から「これはあかんな」と予想できたとはいえ情けない。

サッカーのなんじゃこりゃとは反対に女子のホッケーは初戦のNZに快勝し「これは期待できそう」というゲーム内容だったように思う。

女子ホッケーというと天理大学の恩田さんがホッケーを長年研究し学術的にまとめあげた功績があり、その恩田さんが全日本の監督をされていることから恩田マジックと執念がさくらジャパンの1人1人に浸透しているように思う。

女子ホッケーはアテネ五輪の時、アテネへの遠征費がなく選手がアルバイトして遠征費を稼いだというエピソードが残っている。
ホッケー連盟もマイナー競技の辛さなのか〝おカネ〟がなく海外遠征はほとんど選手の自費でまかなっているのが現状だった。

そんな様々なバックグラウンドを考えBSにチューニングしている。

2008年8月 9日 (土)

北京五輪

開幕!

中国5000年の歴史。壮大で豪華な歴史絵巻のオープニングセレモニーで始まった北京五輪。そして、競技スタートとなったがほとんどマスコミから注目されていないバドミントン女子シングルの1回戦が行われていた。「広瀬 栄理子  、全くのノーマークだ」と思いながら中継をみた。日本が圧倒しているオグシオが注目されているけど日本のレベルは世界に通じるレベルということがはっきりとわかるゲーム内容で見ていて安心できるゲームであった。

それにしてもバドミントンの女子シングルももう少し注目してみてもいいんじゃないのかな・・・と実感する生中継でのゲームで広瀬選手に次戦の健闘を期待したい。

2008080900000010maipspothum000   ルックスも世界レベル!

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

adv