無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 松井 カムバック! | トップページ | 秋 もの悲しさとスポーツ »

2008年8月24日 (日)

北京オリンピック  野球

う~ん、

銅もダメか・・・

色々ある。ぼやきたいこともある。

田淵コーチは何をしているのか。

山本コーチは何をしているのか。

さっぱり理解できない。選手は必死にやってる、いや韓国の選手の必死さのほうが一枚も二枚も上だった。

日本Vs韓国のウイニングボールを捕ったライトの選手の喜ぶ姿が象徴していた。あの勝利の瞬間を見ると韓国ナインの思いがどれほどだったのかが理解できる。

意外にも韓国が決勝戦に出るのは今回初めてのこと、そら嬉しいで日本よりも悲願の金メダルだろう。
WBCでも勝ったはずが福留の一発でジ・エンドだったしね。

しかし、勝てたよなあ、と思うのはボクだけではないだろう。

3位決定戦、これも青木の一発で「勝てたよなあ」

くそっ、悔しい、残念だ。

プレッシャー?金メダルの呪縛?
全然関係ないと思う。

気楽にしてやるのは監督を含めたコーチ陣の仕事だからね、田淵、山本のお二人は北京に野球観戦しに行ったのかな、と思うほどだ。

まあ、それよりも敗因は何と言っても「訳の分からないジャッジ」をしまくった審判だ。
どうにもできないし余計にだし、どうしようもないな。

それと気になったのが星野さんの試合カンです。やはり現役の監督ではないので勝負どころのカンに冴えがないように思いましたね。
野球は毎日やらないと試合の決断力が鈍ります。北京へ行く前の壮行試合でも気になってましたけど、誰も言わないでしょ、田淵コーチや、山本コーチがきちっと監督にアドバイスするのが仕事なのに・・・これじゃあ腹の出たただのオッサンで北京へ観光旅行と思われますよ。ホントに

特に田淵さんは打撃コーチとしてゲーム中、ゲーム前、ゲーム後とやること有りすぎるほどあるのに何もやってないでしょうね、データの分析から解析、そして実践での対応力に関して誰が明確な指示をしていたのか皆目検討がつきません、具体的に言うと韓国戦であの左の投手をどう責めるのか全くプランニングが見えませんでした。
それでは勝てません、アメリカ戦も同じです。4点入れたのは荒木と青木の個人の能力です。サッカーで言う個人技でファインゴールを決めたようなものでチームとしてのオフェンスのプランが見えませんでした。

スモールベースボールを標榜していたけど全く生かされていなかったしね、ボクは何が悔しいといってその部分が一番悔しいですね。日本の野球は緻密で隙のない野球で、メジャーリーグからも「そんなベースボールがあるのか」と思われ参考にされるるほど高等レベルなのに・・・本当にコーチ陣はやれることを全て準備したんだろうか。

選手は必死でプレーしていたと思います。

« 松井 カムバック! | トップページ | 秋 もの悲しさとスポーツ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146675/23216040

この記事へのトラックバック一覧です: 北京オリンピック  野球:

« 松井 カムバック! | トップページ | 秋 もの悲しさとスポーツ »

adv