無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月10日 (日)

2010年 浅田真央

真央 バンクーバーへ!

全日本選手権4連覇!
初の五輪出場

待ちに待った瞬間だった。
ショートプログラムの時もそうだったが観客の声援の質が全く違う
この大声援の質がいかに浅田真央が期待されているのかが理解できるというものである。トリプルアクセルも、ステップも、スピンも・・・

全て、浅田真央のノーミスを見届ける親のような気持ちで見ていたに違いない。
日本のエースは間違いなく真央であり、世界のフィギュア選手が注目する日本選手権だった。その中でのあの演技、そしてダントツの1位で五輪出場を決めた。

全日本4連覇の選手がオリンピックへ行かなくて誰が行くというのだ。
浅田真央を中学生までコーチしていた山田コーチが「真央は誰もが赤ちゃんを見つめたときに自然と笑顔になるようなスケーター」というほど多くの人たちに愛されているスケーターであり、それが最大の魅力でもある。

多くのひとの期待、そして浅田真央が美しく跳び、しなやかに滑ると誰もが赤ちゃんを見るときのような笑顔になる。

オリンピックで最高の笑顔をみたいものだ。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

adv